クレジットカード換金の本当にあった怖い話

クレジットカードの換金による被害について

クレジットカードを使って現金に換金するという方法があります。
どうしても急な出費ができてしまって対応することができない、手元に現金が必要だけど用意することができないといった場合に、便利に利用することができるのがクレジットカードの換金です。

▼ 目次

ショッピング枠を現金に換金する方法

クレジットカードの換金では、クレジットカードについているショッピング枠を現金に換金するという方法になります。

クレジットカードについているショッピング枠で商品を購入して、そしてその購入した商品を買い取ってもらうことでその買い取り額に応じた現金を銀行口座に振り込んでもらうことで現金を手にすることができるという流れになります。
またキャッシュバック型と呼ばれるクレジットカードの換金の方法もあり、キャッシュバック型の場合では、クレジットカードで業者に指定された商品を購入するのですが、その商品にキャッシュバック制度がついてくるため商品を購入することでキャッシュバックの現金を銀行口座に振り込んでもらえ、それにより現金を手にすることができるという流れになります。

クレジットカードの換金について商品買取型の場合では専門のクレジットカードの現金化業者に依頼して行う方法と、自分自身で行う方法があります。
キャッシュバック型の現金化の場合では業者に依頼する方法のみになります。
どちらの方法でもおめですが、自分自身で行うのではなくクレジットカードの現金化業者に依頼する方法がおすすめです。
クレジットカードの現金化業者への依頼ですと比較的安心して簡単に手続きを行うことができます。

ショッピング枠を現金に自分自身でする方法

自分自身で行う場合では、自分自身で換金するための商品を探して購入し、そしてまたその商品をじぶんで買い取り業者に買い取ってもらうという必要があるからです。
少しでもお高いお値段で買い取ってもらうことができるような買取店を見つける必要があります。
そういったことが面倒に感じるのであれば、専門の業者に依頼することがおすすめです。
専門のクレジットカードの現金化業者に依頼すれば、指定された商品をクレジットカードを使って購入し、そしてまた業者に指示される手続きを取り、その業者に買い取ってもらうという流れで簡単に現金を手にすることができるからです。

ですがクレジットカードの現金化業者を選ぶ際には大いに注意が必要です。
クレジットカードの現金化業者は残念ながら優良業者ばかりではありません。
中には非常に悪質な行為を働くような悪徳業者も存在するからです。
悪徳業者に引っかかってしまった場合、詐欺の被害にあってしまう可能性があるのです。
実際にクレジットカードを現金に換金しようとして業者を利用し、その業者が悪徳業者で被害にあってしまったというような方も多くいらっしゃいます。

ではそういった被害においてどういった内容の被害が挙げられるのでしょうか。
被害の内容としては、まずクレジットカードの現金化を行うのに、自分自身のクレジットカードを使って業者に指定された商品を購入したにもかかわらず、キャッシュバックによる現金や売却手続きを行った際の現金が一向に振り込まれない、業者との連絡も取ることができないといったケースがあります。
クレジットカードで商品を購入したことで、クレジットカードの発行元会社から請求はくるし、結果的に現金を手に入れることができないしといった被害が実際に起こっているのです。
また他にもお金は振り込まれるものの、最初に聞いていた金額と違う、聞いていた金額よりも少ないという被害にあうケースもあるようです。

それからまた他にも個人情報を悪用されてしまうという怖いケースもあります。
クレジットカードの現金化を行うためには自分自身の名義のクレジットカードを利用する必要がありますし、インターネット上で商品を購入する場合には、クレジットカードの情報を入力する必要がありますよね。
それからまた身分証明が必要になりますので、本人確認書類をアップロードすることが必要ですので、その本人確認書類による個人情報を盗まれてしまい悪用されてしまうといった被害を受けているケースもあるようです。
ですのでそういった被害にあってしまわないように、安心して利用することができる信頼できる業者を選ぶ必要があります。

信頼できる業者選びのためには口コミサイトなどの口コミ情報を参考にするという方法もありますし、それからまた実際に自分自身でその業者に対して問い合わせるという方法もあります。
悪徳業者の場合はホームページに会社の住所や電話番号等を掲載されていないケースが多いので、きちんとそういった情報を掲載されているかどうかで見極める方法もあります。
また問い合わせた際の受け答えにも注目する必要があります。

さいごに

万が一詐欺の被害にあってしまった場合には一人で抱え込んで悩まないで、専門の相談することができる機関に相談することが大切です。
消費者センターなどでまずは相談してみましょう。